相続税額から納付税額を計算する

相続税額の計算をするときには、財産を取得した人の課税価格に応じて相続税の総額を割り振ることによって、それぞれの人の税額を導き出します。
総額に各人の課税価格をかけ、課税価格の合計額で割るという計算式になっています。
そこから諸々の税額控除額を差し引くことで、納付する税額がわかります。
このとき被相続人の配偶者や父母、子供以外である場合には、控除前の税額にその20%を加算してから税額控除額が差し引かれます。
また、被相続人よりも前に子供が亡くなっていたという場合には、孫について税額に加算する必要はありません。
子供が存命であって孫が被相続人の養子となっているときには、相続税額へと加算しなければなりません。

相続税の納税猶予特例を受けた非上場株式等の税額免除
相続税の納税猶予特例を受けた非上場株式等の税額免除手続き
相続税の非上場株式等にかかる特例猶予税額を納付する場合
相続税額から納付税額を計算する